10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッシュフローゲーム

趣味で簿記を勉強していて、お金に関する知識をもっと付けたいと思っていた時に、弟から「金持ち父さん貧乏父さん」の本を薦められました。

昔から、本の存在は知っていましたが、あまり興味がなかったので読む事はありませんでした。
弟から紹介されたのもあり、興味本位で図書館から借り読んでみたところ、確かにと気づかされる事が数多くありました。その中のひとつとして、サラリーマンをやっている限り(毎月の収入だけが頼りにしている)、何もこの先変わらない事。毎月の総支出より、いかに不労所得を増やす事が出来るかがポイントであること。 そのためには、株式投資や不動産投資の事が書かれていました。
確かに不労所得を増やす事は、もし働けない体になっても金銭面では困らないので、考えとしてありだと思ったのですが、いきなり、株式投資や不動産投資は無理だろっと、思ったのが感想でした。

本を読み終えて、ミクシーでコミュニティーを散策していたところ、
金持ち父さん貧乏父さんで書かれていた、キャッシュフローゲームを開催する、初心者歓迎とあったので、何もしなければ始まらないと思う、そのコミュニティー主宰のキャッシュフローゲームを申し込み、参加をしてきました。

金持ち父さん貧乏父さん
白根 美保子
4480863303




参加費500円で安いのはよかったのですが、正直、実際参加してみるまでは、どんな人がいるのだろう、、終わったあとなんか売りつけられるのではないかと半信半疑ではありましたが、主催者の方も年は20台半ばから30台半ばくらいの方々でした、進行、ゲームの教え方も上手でした。

ゲームの内容はキャッシュフロー101というボードゲームを使用して行いました。いかに投資機会をものにして不労所得を増やし、総支出を上まりラットレースから抜け出す事が出来るかがゲームの簡単な内容でした。 ただ、投資を行う/行わないは、その株式や不動産がどれくらいの頭金が必要で、キャッシュフローはどれくらいで、ROIは何%かを考えながら行うので、なかなか頭を使うゲームでした。 因みに、人生ゲームのようなものなので、子供が生まれた育児費が○○円かかり、月々の支出が増えたり、結構、疑似体験としてリアルでした。

結果、僕はラットレースを抜け出す事ができませんでした。
最初、不動産を購入してもすぐ売るなどして、手持ちのお金を増やす事に執着していたのですが、キャッシュフローを増やさなければ、不労所得が増えない事に気づき、考えを改めたのですが、時間オーバーとなってしまいました。 でも、結構、勉強になりました。500円で3時間の時間を投資した事になったのですが、有意義な時間を過ごしたと思います。

最後に、セミナーの紹介がありました。これは、もともとサラリーマンだった主催者のトップがリストラにあい、ビジネスオーナーになったお話を聞くというもの(その方は日経ビジネスにも登場したことがあるそうです。ここでは名前は伏せます。)、数万円するのでは?と思ったのですが、1000円程度らしいです。 今回のゲーム定期的にやっているそうなので、また参加しようと思ったのと、時間があえばセミナー(講演?)にも参加しようかと思います。

目指せ、不労所得で老後はハワイでのんびりと。


※ラットレース: 同じ円の中をぐるぐる回る(いつまでたっても、働いてローン返しての生活を繰り返す生活の事)

キャッシュフロー 101 (日本語版)
4896372166



金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント
白根 美保子
448086332X

関連記事
Secret

プロフィール

マルカ

Author:マルカ

カウントダウン

2013目標

■人:
・夫婦二人健康でいること(妻が入院しない)
・体重を60kg台にする((2012/12/30時点64kg)

マルカ

本棚

カテゴリー

タグ

最近のコメント

リンク

counter

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ本


読み応えのある本ですよ。
ビジネス誌は、やっぱり日経ビジネスかな。

プレジデントも豊富な情報が満載

TOEIC対策にもいい!!

お気に入りブロク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。