06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスクヘッジ

自分がリーダになって、毎週何かしらの問題が発生している。。(そもそもそんなチームなんですが、、)

先週は少し前に開発した案件が要因で中規模な障害が発生。

今週は来週リリースを控えている障害の対応が完了する予定だったのですが、金曜日の夜に終わったと報告を受けてチェックをしたら、全くのだめでした。

何が駄目かと言うと、まずは、テストコンディション。
障害対応を行ったので当然その部分をテストコンディション作成して確認しますよね。でも、今回試験したテストコンディションに確認できるデータが含まれていなかった。

そして、、、修正したモジュールがテスト環境に反映されておらず、バグがあるモジュールで試験をおこなっていた、、

それを発見したのは、金曜日の夜の0時(土曜日の0時)。

正直、こんなにひどいとは思っていなかった。担当者は新しく参画したメンバーだったのですが、彼一人なら当然私もすごく気にかけていたところですが、一応OJTとして、このプロジェクトに長くかかわっているメンバー(私より長い)をつけて、手取り足取り教えながらやっていたので、詳細までは大丈夫だろうと思っていたのです。

今思うと、そのOJTを行っているメンバーは、プロジェクトから脱退する予定で、新しく参画したメンバーはその代わり。もう抜ける人間の心理としてあまり真剣に仕事に対しても向き合わないものなのかなと、そのあたりをリスクとしておけば、未然に防げたかもしれない。。

この状況を回避するには、当然再試験しかなく、OJTを行ったメンバーはすでに帰宅しているし、新しく入ったメンバー残っているが、正直戦力にはならない。

1.自分一人で再試験やるか?
2.リリースを延期するよう月曜日にクライアントに頭を下げるか?
3.月曜日リソースを総動員させ、火曜日の朝一までに間に合わせる(それがリミット)

みなさんなら、どうしますか? 他に手はありますか?

僕は1を取ろうかと思ったのですが、金曜日の0時過ぎ、一週間の疲れがピークに来ている状態で試験をやる、さらにこの試験の手順の把握、試験コンディションの見直しからすると考えると、出来ない事はないが、あまり現時的じゃないと思い諦めました。

OJTを行ったメンバー、さらにそれに協力していたメンバー(元リーダ)にメールで現状を伝え、月曜日の朝一でMTG(2を取るか、3を取るか)する事にしました。
きっと会社的には3だと思いますけどね。完全にうちの会社の落ち度ですから。

OJTを行ったメンバーは、その現実を聞き、週末一人で試験をすると言ってきましたが、週末クライアントの職場に行くことも調整が必要で、一人試験をして終わるものではないと、言い聞かせ、週末に試験コンディションの見直しを指示しました。

誰かを責めるつもりはないのですが、正直、この案件に対してだれも、オーナだと思っていなかったのが今回の問題を引き起こした原因だと思います。

担当者のメンバーも全く、スケジュールを把握していなかったですし。。

はぁ。。来週も地獄だな。
関連記事
Secret

プロフィール

マルカ

Author:マルカ

カウントダウン

2013目標

■人:
・夫婦二人健康でいること(妻が入院しない)
・体重を60kg台にする((2012/12/30時点64kg)

マルカ

本棚

カテゴリー

タグ

最近のコメント

リンク

counter

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ本


読み応えのある本ですよ。
ビジネス誌は、やっぱり日経ビジネスかな。

プレジデントも豊富な情報が満載

TOEIC対策にもいい!!

お気に入りブロク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。