08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電の社員も頑張っているとは思いますが・・

今日の日経新聞の春秋を読み、やっぱりそうなのかと思いました。それは何かと言うと、、、

福島の原発で作業中に被爆した作業者は、東電の社員(プロパ)ではなくて協力会社の社員だったそうです。

どこの業界でも一緒で、現場の最前線で働くのは、プロパの社員ではなく協力会社なんだなと。

僕が携わっているIT業界でも同じです、夜間で障害が発生した時には、現場に駆けつけるのは、プロパの社員ではなく協力会社である僕たちです。

協力会社とは、対等な立場ではなく、仕事をもらう立場。協力を求められ現場に赴けば歯を食いしばって頑張る。と 春秋に書かれている事は、本当にその通りだなと思いました。

現場は一人ひとりがいなくてはいけない存在になっていますが、リーダーである東電の社長は体調不良で入院だそうです。。存在感がないですね。

東電のプロパの社員の方も当然懸命に作業をして頂いていると思いますが、協力会社の方は過酷な日々を送っているのだろうな。。。頑張ってほしいです。
関連記事
Secret

プロフィール

マルカ

Author:マルカ

カウントダウン

2013目標

■人:
・夫婦二人健康でいること(妻が入院しない)
・体重を60kg台にする((2012/12/30時点64kg)

マルカ

本棚

カテゴリー

タグ

最近のコメント

リンク

counter

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ本


読み応えのある本ですよ。
ビジネス誌は、やっぱり日経ビジネスかな。

プレジデントも豊富な情報が満載

TOEIC対策にもいい!!

お気に入りブロク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。