08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命を懸ける仕事なのか?

大地震から4日経過しましたが、昨日の夜、今日の昼間と震度5の余震が続き、収束しない原発事故と不安な毎日を送っています。

そのような中、仕事の考え方を巡り、現場のメンバーとマネージャーとの間で一段と溝が深まった出来事が起こりました。

僕たちの業務はクライアントのシステム保守なのですが、その内容はシステムの障害対応、機能追加対応を主に行っています。その対応を終え、クライアントがシステムを利用できるようにするためには、システムを一度止める関係上、夜間に作業を行う必要があります。

上記の作業を含め、他の夜間作業が今週末から毎日、担当者は変わりますがほぼ毎日発生します。
現状不安定な毎日を送っている中で、本当に夜間にやらなければいけない作業なのか?と現場から紛糾されたマネージャーはそんな事を考えた事もなかったようでした。

会社の本部からのメールでは、極力仕事は調整して無理をしないようにと、書かれていますが、会社が言っている事、現場への指示内容と大きくかけ離れており、ますます現場とマネージャーとの溝が深まるのが手に取るように分かりました。

マネージャーは早速クライアントに話しに行きましたが、クライアントからは「じゃ、いつになったら出来るんだ?」と怒り爆発。結論は出ずその場は決裂。

クライアントもクライアントだと思います。リリースが遅延になる事による責任を取りたくないため、危険性はまったく考慮されないような発言。だから、皆、そこまでして(危険を顧みて)仕事に対して責任感が沸かないのだと思います。

一方で、死を覚悟で東電の社員の方が、自ら志願して原発の現場に向かったとの記事を読みました。
この仕事の内容と比較すれば、大した事ではないかもしれませんが、実際に作業を行うものからすれば、すごく重要な事だと思います。

今回の件は他の企業でもあるような事だと思います。

この結末はどうなるのか今後のクライアントとの関係も含めて、重要な決断になると思います。

関連記事
Secret

プロフィール

マルカ

Author:マルカ

カウントダウン

2013目標

■人:
・夫婦二人健康でいること(妻が入院しない)
・体重を60kg台にする((2012/12/30時点64kg)

マルカ

本棚

カテゴリー

タグ

最近のコメント

リンク

counter

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ本


読み応えのある本ですよ。
ビジネス誌は、やっぱり日経ビジネスかな。

プレジデントも豊富な情報が満載

TOEIC対策にもいい!!

お気に入りブロク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。