07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に不足しているもの

今日、元部下(チーム編成がころころ変わるので今は体制上、同僚)から、プロモーションするためには何が不足しているのか、意見を聞きたいと相談を受けました。

彼は、マネージャーに対してプロモーションしたいと申し出たところ、チームのリーダである事が必要条件だと言われ却下されたらしいです。

彼のスキルとしては、、
・マネージメント面では、セルフマネージメントは出来るが、他メンバーのマネージメントという所は若干弱い(いつも自分の目線で話すため、協調性に欠ける)
・テクニカル面では、ある特定の業務内容は熟知しており、業務で使用しているパッケージソフトに関しての知識も一番だと思う。しかし、テクニカルなスキルは低い。ただ、向上心はある。

それを踏まえて、僕は彼にこう聞きました。

「君は、今のチームのリーダになりたいですか? そして、リーダとなってチームを運営していく自信ありますか?」

彼の答えは、「チームを運営していく自信はあるが、リーダにはなりたくない」でした。

その答えを聞き、彼がプロモーションをするうえで決定的に不足している事を伝えました。

それは、マインドです。

この会社でプロモーションするためには、ポジションが空かないとプロモーションできない仕組みになっています。(自分の上司がいなくならないとずっとプロモーションできない)
なので、彼はチームリーダというポジションに就かないとプロモーションは出来ないのです。

それは周知の事実。

そのリーダという職をやりたくないのであれば、プロモーションは諦めた方がいい。まず、リーダという職をやってみたいと思う、マインドを持つことだと助言しました。
もし彼にリーダをやってみたいのであれば、プロモーションを却下したマネージャーに対して、リーダをやった事はないが、やらせて欲しいと言う事も出来るでしょう。

また、スペシャリストとしてプロモーションしたいのであれば、もっとテクニカルなスキルを磨くべきだとも助言しました。今のスキルでは、他のプロジェクトに異動になった場合、通用しないと少しキツイ事も。。。

「人の上に立ち、人を動かすという事は、すごく大変だけど、すごく人間的にも成長できるよ、そんなに嫌な事じゃないよ」と最後に彼の肩をたたきその場をお開きにしました。

関連記事
Secret

プロフィール

マルカ

Author:マルカ

カウントダウン

2013目標

■人:
・夫婦二人健康でいること(妻が入院しない)
・体重を60kg台にする((2012/12/30時点64kg)

マルカ

本棚

カテゴリー

タグ

最近のコメント

リンク

counter

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ本


読み応えのある本ですよ。
ビジネス誌は、やっぱり日経ビジネスかな。

プレジデントも豊富な情報が満載

TOEIC対策にもいい!!

お気に入りブロク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。