10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄旅行 伝えたい事、伝わった事 ひめゆりの塔

沖縄旅行で、ひめゆりの塔に行ってきました。

会社の同僚からは、沖縄って、きれいなビーチ、きれい空のイメージで帰宅したければ、いかない方がいいよと、言われたのですが、自分自身一度は訪れてみたかったので、スケジュールを再考して行って来ました。
ひめゆりの塔を目指して、車を走らせていたのですが、いわゆる見る場所としては、ひめゆりの塔、平和の塔がある喜屋岬(きゃんみさき)、そして、平和祈念公園があります。

その他5
ひめゆりの塔の建物の入り口から数十メートル先に、石造があります。
その先に資料館があり(大人300円)、戦時中に起こった出来事を、写真や映像を通して知る事ができます。
僕は個人的に、ひめゆりの塔に行った際には、この資料館は絶対訪れるべきだと思います。
薄れ行く戦争の悲惨さ、戦争は二度と起こしてはいけない事が、身に刻まれます。
途中、渋谷にいるんじゃないかと思われる、女の子達から、涙が出ていたのが、印象的でした。
その他7
喜屋岬(きゃんみさき)にある平和の塔です。
車一台しか通れないないような道を車で走ること、ひめゆりの塔から15分ほどで到着します。
那覇から来た場合、喜屋岬の方が近いのですが、あえてひめゆりの塔に行ってから訪れるようにしました。
もし、ひめゆりの塔を訪れずに、何十年前にこの場所で何が起こったかを知らずに訪れていたならば、きっと、何も感じずに写真撮影して終わっていたでしょう。
でも、この場所には言葉で言い現せない戦争の悲劇があったのです。
同じ時に、若いグループがおどけて写真を撮っていましたが、きっと、ひめゆりの塔で何が起こったかを知れば、あんなおどけた事は出来ないと思います。(いい意味で後悔してほしい)

その他6
平和の塔から見える岬です。
米軍に追い詰められた人達が自決した場所です。 目を閉じるとその時の風景が浮かんできそうでした。
その他8
平和祈念公園の展望スペースから撮影したものです。
この場所の資料館にも、戦争について、考えさせられるものが沢山ありました。
戦中の映像を外人の家族連れが見ていましたが、何を感じて何を話すのかが、興味深々でした。

もう日本には、戦争を経験した人があまりいなくなってきたように思います。
戦争の悲惨さは、戦争を経験した人達に、伝えてもらうのが一番の有効な手段だと思う。
でも、それを伝える人がいなくなってきたのも事実。 この先、日本が戦争を起こそうと思うとき、それを判断する人に、ここを訪れてほしい。 そして、問いたい。

「それでも、本当に戦争しますか?」

関連記事
Secret

プロフィール

マルカ

Author:マルカ

カウントダウン

2013目標

■人:
・夫婦二人健康でいること(妻が入院しない)
・体重を60kg台にする((2012/12/30時点64kg)

マルカ

本棚

カテゴリー

タグ

最近のコメント

リンク

counter

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ本


読み応えのある本ですよ。
ビジネス誌は、やっぱり日経ビジネスかな。

プレジデントも豊富な情報が満載

TOEIC対策にもいい!!

お気に入りブロク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。