12
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
14
16
17
18
22
23
24
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の振り返り

この記事はブロとものみ閲覧できます

一年振りの帰省 南なのに雪が舞

もうすぐ一年振りに帰省します。

東京より南なのですが、汽車からみる外の景色は、雪が舞ってます。

今年は弟二人の結婚式があり、一年に何度も家族にあいましたが、今年も一年に一回は実家で正月を迎えよと決めた兄弟の契りは守れそうです。

今年の正月は義理の妹が二人。なんか、不思議な気分です。

ばぁちゃん、びっくりするだろうな。

東京から新幹線と特急の汽車にのり約五時間。その間診断士の勉強をしっかりしたので、夜は久しぶり、家族との会話、海の幸を堪能しようと思います。

この天気だから明日は水平から見る初日の出は無理かな。。

なんとか維持出来た学習計画

この記事はブロとものみ閲覧できます

魔のジンクス

仕事納めの前日にシステムのリリースがあり、手順ミスが原因で、リリースが失敗しました。

誰もが来年に持ち越すと思っていたら、クライアントから今年中にリリースは終わらせろとの要求がありました。今回の原因は、当社にあるので上の人間も何も言えず、対応するしかない状況に。

担当者は寝ずの30時間労働、別の人間にアサインを変更したのですが、責任を感じて深夜のリリース作業まで立ち会うとの事。

当日はチーム合同の忘年会があり、リリース担当者以外は忘年会へ。

あるチームのリーダが出席すると、絶対夜中にシステム障害が発生するジンクスがあります。

そして、2日目の夜間リリース。 初回のリリースは手順ミスが明確であったため、今回は大丈夫だろうと思っていたのですが、翌日、会社のWEBメールを確認したところ、2回目のリリースも失敗したとの報告メールがメーリングリストに流れていました。

やっぱり、ジンクスは的中したようです。

僕は昨日が仕事納めであり、原因がなんだったのか、3回目のリリースを行ったのかは、分かりません。

少なくとも、クライアントからすごく罵声を浴びせられているのが目に浮かびます。今回も手順ミスのような事でない事を祈りたい。

後味悪い最終日でした。来年は良い年になりますように。

最後の最後で、切れてしまいそう・・・

仕事収めまであと1日。そして、現プロジェクトを抜けるまであと1日。

日々、理不尽な事だらけだけど、今年で最後だからと思い、切れそうな時もぐっと堪えてきました。

今日も切れそうな出来事1つ。

僕達の仕事のスタンスとして三ヶ月単位で作業のスケジュールを立て、作業内容と工数を合意して作業を行います。

この三ヶ月の間、僕は夏休みを1週間取得したために40Hの予定工数よりショートした事になります。

その40Hを残業で取り戻せればよかったのですが、請求工数として40H残業するだけの仕事もなく、ほぼ請求工数としては、8H/日で推移してきているため、個人としてみれば、契約した工数に達しない事になります。

その代わり、リーダの人は40Hオーバーしているため、チームとしては相殺して問題ないのですが、そのリーダ、事ある後とに、マルカさんの分まで働いたと、言うのです。

はぁ?って感じです。

僕の仕事を巻き取って残業したのであれば、確かに申し訳ないと思うのですが、僕は予定された仕事を予定時間よりも早く終わらせ、とくに仕事に穴はあけていない。

むしろ、僕の40Hのショート分の仕事を調整できなかった君の調整能力の低さ、そして、管理作業だけなのに40Hもオーバーしている君の管理能力に問題があるのでは?と自分がリーダだった時(いろいろな事情があり、リーダが逆転しています。)は、それほど無能じゃなかったよと、何度も言いかけましたが、、

彼もプレッシャーの中、ストレスも溜まっていると思い、我慢に我慢を重ねてきましたが、明日で最後、そして最後の忘年会で酒が入るとなると、、、、酒の席でねちねち言い出してきたら、

切れちゃいそうです。。 

僕も10月に異動が決まり、三ヶ月間も異動日を引っ張られ。結局異動は半年後(年明けからは、現チームを離れ、開発案件のリーダに短期間だけアサイン)になったので、僕も僕なりにストレスマックスです。

昔を懐かしむ時

年賀状をシャッフルし「次はこの人かぁ」と宛先の人を確認する。

高校時代、大学時代の友人、就職して初めての会社の同期、先輩、上司、そして、今の会社の過去一緒に仕事した方々、そして家族や親戚の顔を浮かべ、昔を懐かしみながら、一枚一枚メッセージを書きます。

100枚近くあるので、面倒といえば面倒ですが、何年も会っていない友人に対して、1年に一回連絡が取れる時でもあるので、楽しかったりもします。手がつる、漢字がかけないと、自分のダメさも実感。

昨今、メールでの挨拶が多い(今年はツイッターかな?)ですが、やっぱり、汚い字でも、自分ってものを伝えたいから、僕は年賀状にこだわっています。(住所しらない人は、メールとかblogとかのコメントになってしまいますけどね。。)

昨日はカフェにこもりひたすら年賀状を書き投函が完了しました。これで、元旦に届くでしょう。

マンションには、昨日まで飾ってあった大きなクリスマスツリーが撤去され、門松が出現していました。もうすぐ、2011年ですね。

来年こそは、今までやってきたいろころな試みを点から線に変えて見せます!!

独立法人侮ってました


セキュリティースペシャリストの詳細結果を確認するためのパスワードを失念してしまい、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)にパスワードを取り寄せました。

独立行政法人→お役所→もう冬休み→パスワードは来年。って勝手な、思い込みでいたのですが、本日、パスワードを記した封筒が届きました。 偏見を持って申し訳ありません。。

早速、結果を確認したところ、僕の結果

午前Ⅰ・・・免除
午前Ⅱ・・・72点
午後Ⅰ・・・69点
午後Ⅱ・・・80点

午後Ⅰがなんだか微妙。 ちなみに妻の結果は

午前Ⅰ・・・81.6点
午前Ⅱ・・・64点
午後Ⅰ・・・79点
午後Ⅱ・・・66点

う~ん、完全勝利を宣言しておきながら、午後Ⅰが嫁より低い点数でした。
妻が受けた試験を僕が受験したら、もっと点数はいいかも?と強がってみても、当日40度近い熱を出し、2週間の入院生活を強いられた人と比較したら、僕の方が劣勢だな。。。 

資格取得は、勝ち負けではないのですが、勝負事が好きなものなので、、

完全勝利したら、午後の筆記の合格するための勉強方法、および今回実証した回答テクニックを書きますといいましたが、、まだまだ修行が足りないようです。 別の試験で同じ方法が実証できれば、次は書こうかな。。

情報の非対称性かぁ?

この記事はブロとものみ閲覧できます

H22年度 情報セキュリティスペシャリストに合格

すっかり忘れていたのですが、昨日、今年の10月に受験した情報セキュリティスペシャリストの合格発表の日でした。

過去のblog完璧な手ごたえでも書いた通り、それなりに自信はありました。でも、合格番号の中に自分の受験番号を見るまでは少しドキドキしました。

落ちていても、診断士の1次試験ほどのショックはないので、そそくさと結果を確認したところ。受験番号が合格一覧の中にありました。「合格です。」

TACの診断士2次の講座終了後に受験勉強を行ったので、勉強期間は、3週間ほどしかなかったのですが、効率的(戦略的)に学習した成果だと思います。

しかし、合格を素直に喜べないのは、うちの嫁、すごいんです・・・で書いた通り、うちの嫁も同資格を保有しており、彼女よりも午後の記述問題の得点が上である事が、本当の意味での合格だったりします。

その点数を確認したかったのですが、受験番号の用紙はあったのですが、合格照会するためのパスワードの紙を捨ててしまったらしく、今は問合せ中です。。。 几帳面なA型なのですが、大雑把な血が濃いらしく。。。

なので、午後Ⅰ、午後Ⅱの点数はお楽しみに取っておきます。もし、妻に完全勝利できれば、情報処理試験における午後試験の攻略法についても、書きたいなと思います。TACの2次試験対策で学んだ方法がそのまま流用できます。

喜び半分だったのですが、妻には一応、合格した旨の連絡をしました。

「お祝いする?」と返信あったのですが、「お祝いは、来年の別の試験(中小診断士)に合格したらね」と
返信したのですが、合格は合格だからと言って、ケーキを買ってきてくれました。

今日は、二人だけの祝勝会です。

セキュリティスペシャリスト

BATIC模範解答結果と感想

BATICの模範解答が大原模範解答より公開されました。

試験後に配布していた回答速報でケアレスミスを連発してしまったので、目標としていた点数には届かないだろうと思っていました。

模範解答の結果は、

選択問題:23/30 → 184点/240点
記述問題:110点/160点

合計:294点/400点(75%)

記述問題は配点次第で変動があると思いますが、目標としていた320点以上のアカウンタントレベルには届きそうになりません。 その下のブックキーパーレベルは200点以上なので、問題ないと思いますが、、、

3ヶ月前、BATICの申し込みを行い、問題文中の英単語が全くわからず辞書を引きながら勉強していた時から考えると、73%の正解率は頑張った方かもしれません。

学習した事によるメリットとしては、大きくは以下です。

・会計周りの英語が強くなった
・簿記の復習になった。財務会計の簿記関連の問題であれば、時間を掛けずに解けるようになりました。
・内部統制、国際財務報告基準(IFRS)のあたりも、体系的に学習できました。来年の財務会計の問題として出題されてもおかしくないかなと思います。

ただ、試験までの2週間は、診断士の勉強よりもBATICの学習に重点を置いていたため、機会損失になるかもしれませんが、得た事の方が大きかったように思います。

次は来年の7月。 さすがに診断士試験一本に絞りたいので、受けないと思いますけどね。。

さて、改めて間違ったところを解き直してみると取れる問題を取りこぼした感が大きいです。

その要因を分析してみると、大きく3つに分類できました。

1.見直す時間が取れずに試験時間一杯(90分)まで時間を使ってしまった。
2.字が汚いので、読み間違え計算間違いをしていた。
3.英語の和訳が出来ていなかった。

1に関しては、時間配分としては、選択問題30分、記述問題60分でトレーニングを積み過去問題ではそれをクリアーしていたのですが、本番は平常心でいられないリスクを考慮し10分間の余裕時間を持たすくらいのトレーニングが必要だと思いました。

2に関しては、正直致命的です。丁寧に書く事を心がけていたのですが、本番試験で時間に追われいていた事もあり、計算用紙には結構雑に書いていました。最初の転記ミスが引き金となり、20点の損失。

3に関しては、和訳が間違っていました。英単語は難しい事はなかったのですが、勉強不足でした。

以上のような結果であったのですが、イマイチ大原の模範解答に納得がいかない問題があります。

10問目の
ABC Company bought $500 office supplies on account. Which of the following journal entries should it make?

このCr.側の仕訳は、Accounts payable-others なの?? on accountだから、Accounts payable-tradeじゃないのかな。。。 TACの過去問の解説には、othersとtradeの違いがそう書いてあったのだけど

14問目のcost of goods solds(売上原価)を求める問題、回答からするとInsurance(保険)を含めているけど、含めないと思うのだけど、、、

もし訂正されたら、8点*2問で16点ですが、目標点数にあと10点届きません。。

あと、記述問題で、以下の仕訳を間違えたので、次回は間違いえないように、備忘録として残しておきます。
いずれもdefect(故障)の単語が上手く訳せずに、間違った仕訳をしてしまったのが原因。

Received cash for defect merchandise $50
Dr. Cash $50
Cr. Purchase return(仕入返品) $50

Refunded for defect goods ,$70
Dr. Sales Returns(売上返品) $70
Cr. Cash $70

BEAMSの店員さん

今日はBATICの試験でした。やっと今年最後の試験が終わりました。感想等は別のエントリーで書きたいと思いますが、やはり本番の試験は独特の雰囲気がある事を身にしみました。本番で力を出せないのはどうすればいいのだろうか。。

試験は午前中で終了したので、妻と丸の内で待ち合わせ後、お互いのクリスマスプレゼントを購入するために、丸の内、銀座あたりを散策しました。

妻に財布をプレゼントしようと考えているお目当てのブランドがあるセレクトショップの一つにBEAMSがあり、カードケースはあったのですが、財布が見当たらなかったので店員さんに聞いてみたところ、取り寄せになるためお断りしたところ、

「UA(アローズ)さんには、沢山種類ありますよ。是非そちらに行かれては?」と薦めて頂きました。

実はUAにある事は知っていたのですが、BEAMSの店員さんが競合他社であるUAを薦めるとは、驚きと共に感動しました。 

会社の利益優先でなく、お客の利益を優先するその姿勢に。クライアントファーストであるその姿勢。僕も見習わなければ・・・

BEMASではスーツやバック、ビジネスに関連するものは、よく購入しています。物が好きなのもありますが、店員さんのサービスが好きなのもよく購入する理由なのかもしれません。

またBEMASが好きになりました。

あ、結局、財布はUAでなくて、別のお店で購入しました。

会社の政治ゲームに巻き込まれて・・・


数ヶ月前から会社の政治的な人事配置に翻弄されています。

今日は、一ヶ月有給休暇で休まないかと打診されました。そうなった場合、年明けから一ヶ月、社会人生活から離れる事になります。

いきなり一ヶ月休めと言われても。。。

もし本当に一ヶ月休む事になったら、何をして過ごそうか迷います。

診断士の勉強漬けも一つの過ごし方ですが、長い人生を考えた時、もっと有意義な時間の使い方もあるのではないかと。。。

まだ確定ではないし、すぐ計画が変わるから真剣に捉えていませんけどね。。。

ちなみに、体・心とも健康そのものです。 

来年は当事者に

この記事はブロとものみ閲覧できます

幸せな一時

週末、弟の結婚式でした。

弟はもうすぐ30歳なのですが、僕としては小さかった時の思い出が強く。 

この結婚式は、嬉しい反面、寂しさも感じる式でした。

親族の紹介では、両方の父親が、親族の名前を間違えるハプニングがあり、最初から和やかな?雰囲気でした。

皆から祝福されているのが、本当に伝わってくる良い式でした。いい友、同僚、上司に巡りあえたね。

小さい頃の映像は、危険ですね。いろいろな思い出が込み上げてくる。。

弟は年明けから、海外赴任。 お嫁さんは今年教員免許を取得したばかりなので、しばらくは日本にいるそうです。

新婚から離れ離れになり寂しいと思います。 でも、二人が出した結論だと思うので後悔はないでしょう。

末永くお幸せに!!

結婚式

今年は真ん中の弟も結婚して、来年の正月は賑やかになりそうです。
あとは、初孫を親に早く見せてあげてほしい。頑張れ弟達よ。

結婚します

今週、一番下の弟の結婚式です。 先週は後輩の結婚式だったので2週連続となります。

一番下の弟とは、同じ都内で働いている事もあり、三ヶ月に一回の割合で飲みに行き近況を話したりします。

結婚する事で頻繁に飲みに行ったり出来なくなると思うと、なんだか寂しい気分です。(まぁ、どちらが主導権を握るかにもよると思いますけどね。)

そもそも、弟は来年から海外赴任が決まっており、最低3年間海外勤務のためしばらくは逢えないのですが。

自分の弱み(本音で話せる)を見せる事が出来る数少ない人だけに、やっぱり逢えなくなるのは寂しいですね。

まぁ、彼にとって、きっと明るい未来の始まりになるだろうから、週末はおもいっきり祝福したいと思います。

プロフィール

マルカ

Author:マルカ

カウントダウン

2013目標

■人:
・夫婦二人健康でいること(妻が入院しない)
・体重を60kg台にする((2012/12/30時点64kg)

マルカ

本棚

カテゴリー

タグ

最近のコメント

リンク

counter

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ本


読み応えのある本ですよ。
ビジネス誌は、やっぱり日経ビジネスかな。

プレジデントも豊富な情報が満載

TOEIC対策にもいい!!

お気に入りブロク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。