10
1
2
4
5
7
8
9
12
13
14
15
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充電完了

今週は遅めの夏休みでした。そして、今日が最終日。

前半の土、日、月、火は台湾旅行、水、木、金、土は、TACで診断士、BATIC、TOIECの勉強三昧。そして最終日の今日は、ワーナーミュージックジャパンの100年 MUSIC FESTIVAL in 武道館に行ってきました。

ライブはたまにパワーを貰いに行くために行きます。最近はSuperFlyが多いですが、今回はさまざまなアーティストが出演するライブに行ってきました。

席はステージ裏の最前列でした。音的にはイマイチでしたが、アーティストが手の届く位置にいて、すごく身近に感じたライブでした。すごくすごくパワーを貰いました。

明日から仕事が始まります。恐らくしばらくは終電の毎日でしょう。そして、来週から朝7:30~のTACの授業が火、木で始まります。 かなりハードな毎日が続きそうですが、仕事、勉強、遊びと充実した毎日を送りたいと思います。 ギアサード(知っている人だけ分かって下さい)で行きます。

そして、診断士の勉強は犠牲を伴うものではない、とこれだけは強く言いたい。2年目の深みを出していきます。 

武道館



出演アーティストの一言感想です。

RIP SLYME
→HIP POPは殆ど効かないのですが、トップバッターとしては会場を盛り上げてくれました。

Superfly
→Fun Clubに入っているほど、夫婦で大好きです。シットリ系のバラードだったので、ノリノリな曲が良かったかな。

馬場俊英
→知らない人

the brilliant green
→最初の曲は一番有名な曲だったけど、ボーカルに伸びもないし、やる気を感じられなかった。そんな人かもしれないけど、、、

竹内まりや
→初めて生竹内まりあを見ました。感動ものでした、すごく美人だった。元気を出してを聞いた時は、上半身鳥肌が立ちました。

山下達郎
→こちらも初めてみました。曲は知らなかったけど、すごくかっこよかった。

トータス松本
→大阪のあんちゃんでした。

BONNIE PINK
→意外と小柄にびっくり。 一番有名な曲が聴けてよかった。

コブクロ
→とりはやっぱりコブクロでした。他のアーティストは2曲でしたが、コブクロは3曲歌ってくれました。
 ブルーバード、蕾、桜。
 蕾は最後の節は、二人のアカペラでした。全身鳥肌が立ちました。
 桜は武道館の観客全員で熱唱。最期の最期で皆で一体感になったような気がします。

 
充実した夏休みだった。
スポンサーサイト

残り2ヶ月の過ごし方

あと二ヶ月で今年が終わります。 

残り二ヶ月で何が出来るか、何をすべきかを考えました。

カテゴリーとしては大きく2つ。

1点目は、2011年の合格に向けて診断士の学習を計画的に進める。

2点目は、英語の能力を上げる

まず、1点目の診断士の学習ですが、年内までに再受験する企業経営理論、財務会計、運営管理、経済、中小企業政策のTACのトレーニング教材を再度解き直すかつ、過去問を一巡する。年明けから2次の学習に入る。

2点目の英語の能力を上げるに関しては、英会話には週一で通っていますが、TACの朝得授業の平日の朝7:30~8:30のTOEICコースも申し込みました。

狙いは2つ。

・英語の出来る判断として定量的な評価となるTOEICの点数を上げる事。(まずは、目標は500点。)

・7:30~の授業を週二回2ヶ月こなす事で、生活のリズムを朝方に変えて、勉強できる時間を確実に確保する事。 
今年ラスト二ヶ月、ちょっと自分に負荷をかけてみたいと思います。

生活のパターンを変えなければ、何も変わらない。じゃないと、来年もきっと落ちる。あの悔しい思いはしたくないしね。

正直な話、この先日本が財政破綻した場合、海外で生活も視野に入れないといけないと思います。そうなった場合、診断士の資格持っていても意味がなく、それよりも英語でコミュニケーションが取れるようになる方が重要だと思っています。 財政破綻しなくても、先進国の中で日本ほど英語が出来ない国はないですからね。。

3年後、遅くても5年後、今PCが使えて当たり前の世の中になったように、英語が使えなければ、淘汰されてしまう世の中になっていると思います。(あくまでも予言)



JALのサービスレベル

今週末、遅めの夏休みを取り台湾旅行に行ってきました。

台湾は、去年に続き二回目で今回初めてホテル(去年と同じ)、航空券の手配を自分達で行いました。

航空会社は、会社更生手続き中の日本航空だったのですが、所々に若いキャビンアテンダントの方のケアレスミスが目立ちました。例えば、機内食のパンが少なかったりとか、機内食を運ぶ際に僕の足を何回も踏んだりとか。。

やっぱり会社の状況が状況だけに、モラールの低下がサービスレベルも低下させているのでしょうか。

一応、人の命を預かる仕事である事を忘れないでほしい。

気になった事もありましたが、今回人生初のビジネスクラスでの旅行だったのでいろいろと初めての体験をし、快適な空の旅でした。

・座席が広い。
・キャビンアテンダントの偉い人が挨拶にくる。
・機内食はテーブルクロスが引かれる。
・空港は待合室が使用出来る(芸能人がいてちょっとびっくりしました。)
・入国後の荷物が優先的に出てくる
※今回のビジネスクラスは、マイルのお陰です。自分の収入じゃとてもじゃないけですが無理です。。

あと、ビジネスクラスに搭乗しているビジネスマンを観察してみたところ、仕事をしている人、アルコール三昧で観光気分でいる人の割合が半分半分だったように思います。前者は出来るビジネスマン、後者はイマイチなビジネスマンなんだろうなぁと勝手に分析してしまいました。

機内食
機内食、美味しかったです。

朝
台湾での朝食。揚げパン。去年は改装中のため訪れる事ができませんでしたが、今年は胃袋の中に入れる事ができました。

ショウロンポウ
やっぱりお決まりの小籠包。小籠包は鼎泰豊(ディンタイフォン)だけじゃないですよ。日本人観光客があまりいない、美味しいお店沢山あります。

完璧な手ごたえ

今日は情報処理試験を受けてきました。受験したのは、情報セキュリティスペシャリスト。

試験会場は板橋区のとある高校でした。 

試験は、午前Ⅰ、午前Ⅱ、午後Ⅰ、午後Ⅱとあるのですが、僕は午前Ⅰを免除されているので、午前Ⅱからでした。

午前Ⅱは25問で60%以上で合格、60未満であれば、午後の試験は採点されません。

午前Ⅱの手ごたえは、なんとなく出来た感じ。 午後Ⅰ、Ⅱの試験は筆記だったのですが、今まで過去に情報処理の試験を受験してきましたが、これほど手ごたえを感じた試験はないほど、いい感じに試験を終える事が出来ました。

帰宅して早速、午前Ⅱの模範解答が公開されていたので、自己採点してみたところ8割とれていました。

今日の試験で一番自信がなかったのが午前Ⅱだったので、午後の試験は恐らく大丈夫だと思います。

今回の勉強は、過去問中心に勉強しました。 短期集中で勉強したのがよかったのかもしれません。

来年、診断士の情報システムの試験は、今年科目合格しているので受験する必要なないのですが、強みは強みで活かしたので、受験する予定です。目標は9割。 すべての科目は6割取る予定ですが、保険も必要ですから。。。


合格発表は12月。 夫の面子は保てそうです。


平成22年度 秋季試験 問題および模範解答

2011年診断士合格に向けて始動

この記事はブロとものみ閲覧できます

弱みを強みへ!!

今週から英会話のレッスンが始まりました。

初めてはいつでも緊張しますね。。どんな生徒がいるのだろう? 自分はついて行けるのだろうか?とか。。

でも、教室に入りお互いに挨拶を交わせば、緊張や不安も吹っ飛び、楽しくやれそうな気分になります。

予習をする際、どうしてこんなレベルから?と思うほど、超初級からのスタートだったのですが、いざ、自分が話す番になると、それなりに緊張して上手く言葉が出てこなかったり、、話す事の重要さがすごく分かりました。

仕事で使えるようになるには、長い道のりになりそうですが、何事も始めないと前には進めないです。

英語は今の自分にとっては弱みです。 でも、英語を使用する機会は沢山あります。

弱みを強みに変え、使用できる機会で、強みを発揮したいと思います。

伝わらない


「プレゼンをする時は、原稿を読むのではなく、自分の言葉で伝えないとクライアントには伝わらないよ」と昔、上司に言われた事をふと思い出しました。

思い出させてくれたのは、菅総理。

毎回毎回、原稿の棒読み。棒読みしている原稿も正確に読めない有様。 全く言いたい事が伝わって来ない。

もっと自分の言葉で話して欲しい。でも、自分の言葉で話すと思わぬ失態を招くリスクがあるから、原稿を棒読みしているのだろうか。。。

野党時代は威勢が良かったけど、今は頼りなさだけが目立つように思います。

どうなるのでしょうか、この先、日本は。。。

あと、囲み取材の時に、「え~、あの~」も見っとも無いですね。。僕も「え~」とよく使ってしまうのですが、意識して言わないようにしないとダメですね。




ソリューションプランナーという道

先日の異動先の上司となる方と面接をした際に、僕に任せたい仕事は、会社でもニッチな領域だと言っていました。

だけど、この領域を極めれれば会社的に優位な人材に慣れるとも、そして、この領域は将来ソリューションプランナーやモビライゼーションを目指したいのであれば、絶対身につけておいた方がいいとも言っていたのです。

今の会社に入り、自分はいったいどこに向かって歩いているのか、分からない日々でしたが、ソリューションプランナーとして、会社のチームに属せずインダストリーを横断してプロジェクトに関わるのは、大変面白いのではないかと感じました。
今まで真っ暗なトンネルをひたすら歩いていましたが、ずっと彼方に光が見えた気がします。

将来は英語圏でも働いてみたいと思い始めてきました。
そう思うと、英語を勉強するのが苦痛ではなくなってきました。
明確な目標を持つと意識まで変わるものですね。

落とせない試験

昨日、IPA(情報処理推進機構)から受験票が届きました。

それは、申し込みの締切日の1時間前に振込みを終えた、情報セキュリティスペシャリストの試験。

ITストラテジストと迷ったのですが、診断士の2次試験に向けて、100文字以内にまとめる訓練をしていたので、それに近い試験形態で受験をしようと思い、論文のあるITストラテジストよりも情報セキュリティスペシャリストを選択しました。

この試験、妻が前回、体調が絶不調な状態で合格しているのですよね。。
だから、合格は必須で、妻よりも高得点で合格する必要がある。夫のプライド、威厳を守るために。。

でも、IT業界にいるからと言って、ITの事なんでも知っているって事はないぞ!! 

「私の方が、もっと関わっていないわ!!」妻に怒鳴られそうですが、、、

tag : その他_情報処理

プロフィール

マルカ

Author:マルカ

カウントダウン

2013目標

■人:
・夫婦二人健康でいること(妻が入院しない)
・体重を60kg台にする((2012/12/30時点64kg)

マルカ

本棚

カテゴリー

タグ

最近のコメント

リンク

counter

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ本


読み応えのある本ですよ。
ビジネス誌は、やっぱり日経ビジネスかな。

プレジデントも豊富な情報が満載

TOEIC対策にもいい!!

お気に入りブロク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。