07
1
2
3
4
6
9
10
11
12
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージ

本番まであと1週間強。

502教室とかたまに覗いていますが、この時期は他の方の更新は少ないですよね。

きっと、blog書く暇あったら、過去問解くって感じでしょうか。

今日のエントリーの「イメージ」。

以前、ワールドカップが始まる前に本田選手が何かのTV番組で、ワールドカップで自分のポテンシャルをフルに発揮できるために、当日の事をイメージしていると言っていました。(かなり文章怪しいですが、、)

僕も試験当日に起こりうる事をイメージを今からしておき、少しでも緊張感なくし、最高の状態で望みたいと思っています。 確か、デールカーネギーのスピーチコースを受講した際にも、将来起こりうる事を想像して、皆の前でスピーチしたな。。。

で、当日ですが、まずは、試験会場の入り口で、TACの講師の方が応援に駆けつけています。

私の受講していたクラスの先生も当日の試験会場で応援に来てくださるそうです。

僕は、当日、あまり緊張をせず、くそ暑い中をだらだら歩いているところで、先生を見つけ、緊張のボルテージが上がる。

大きい教室で空調が真上にあり、寒さ対策に持ってきていたカーディガンが功を奏す。

周りを見渡すと合格の鉢巻をした人が何人もいて、ちょっと引く。。。そして、あまり話した事のない同じクラスの方を発見し、お互いの健闘をたたえあう。 

そして、1日目の経済が始まる。 やはり、経済は事故が起きた。でも、事故対策に高度な問題を解いていたので、いい感じのスタートを切れる。

そんなに上手く行くわけないですが、ちょっとリアルに想像してみるだけで、当日の雰囲気変わるかもしれないですよ。

さて、妄想はここまでにして、勉強勉強。



スポンサーサイト

いい感じの緊張感

TACの1次の講義が全て終了しました。去年の8月にアプローチ講義を受講しはじめてから約1年。

あっという間だったように思います。 泣いても笑っても二週間後の今は一次試験が終わっています。

試験当日の事を想像すると、緊張、不安がありますが、それ以上に、試験当日のその瞬間を楽しんでいたい。

二週間前の今の状態ですが、一通り過去問、模試、完成答練を解き終わり、今は弱点補強を行っています。

ここ数ヶ月、仕事がすごく大変で、思ったほど学習時間がとれませんでしたが、一応、想定の範囲内だったので、それように学習計画を立てていたのが、良かったのかもしれません。

残りの二週間は、事故が起こると予想する、経済学、運営管理は重点に学習しておきたいと思っています。

最後にですが、TACの1次最後の講義を受けた際に、先生がおっしゃっていた事にすごくパワーを貰ったので、共有したいと思います。

・本番は2次試験です。
 →1次は通過点なんだと思うと、気持ちがすっと楽になりました。

・たとえ試験中時間中に「負け試合だ」と思っても、それでも最後まであきらめないでがんばってください。
 それは、1年間多くの犠牲を払って診断士試験の為に努力をしてきた自分と、それを支えてくれた支援者への責任だからです。
 →仕事の忙しさに心が折れ、もう勉強をやめようかとおもった、自分が恥ずかしく思い、この1年は自分だけが頑張ったのではなく、支援してくれた人(妻)にとっても失礼な事だと思いました。

本当にいい先生にめぐり合えたと、感謝しています。

2週間後、まずは、1次試験は勝ち取ります!! 

首を覚悟した瞬間

一連のシステムトラブル、やっと本格対応も終わり長い戦いが終わりつつあります。

でも、きっと誰かが何かしらの責任を負わなければいけないでしょう。

現場の責任者の僕か、それとも現場放置していたマネージャーか。

そんな事を思っていた矢先に、シニアマネジャーに話があるから30分ほど時間を取ってほしいと言われました。

とうとう来たかと、内心、クビを覚悟しました。

僕の等級では首になる事は結構あります。 そんなところが、ザ・外資です。

過去にも、同じクライアント先で働いていたメンバーが、大きな案件をドライブできずに、首宣告をうけました。
その人、家購入して、子供も3人いたのですが、どうなったのか不明です。

いざ話すとなった瞬間に、シニアマネージャーは、クライアントに呼ばれたので、夕方改めて時間を設定する事になり、その間の3時間は、いろいろな事を考えました。

診断士取得していれば、新たな道もあるけど、まだ未取得だし、転職するなら同じIT関連になるんだろうな。。とか。

バケーションはいつとろうかなとか。。。 妻になんて言おうかなとか。。 そして、自己防衛のために今回の原因について、あるていど分析して言い訳できるように考えたり、、、

仕事が手につかない間に、お話の時間が到来。

続きを読む

最後のチャンス

奇跡的にこの三連休休めます。

今日も22:00前に帰宅できました。 長いトンネルをようやく抜け出せそうです。

明日から三連休。おもいっきり勉強したいと思います。

勉強できる事に感謝したい。 

この1年間、診断士合格だけを目標にいろいろなものを犠牲にして頑張ってきました。

これ以上仕事のトラブルが起きないで欲しい。 そして、当日試験会場にいないという最悪な事態だけは避けたい。

明日から3日間、最後のTAC一人合宿です!!  

昨日自分に負けました・・・

全く収束しないシステム障害。休み明けの月曜日体に異変が。

頭が割れるほど痛く、視界が定まらない、左腕が痺れる…。
土日は平日の遅れを取り戻すために1日中勉強しているので、疲れが蓄積され、体が悲鳴をあげたのだと思います。

無理して会社に行こうと思ったのですが、心が折れました。
1日休んで1日寝てました。

このまま逃げ出したいと思いましたが、僕には守るべき人(妻)がいるので、簡単に逃げ出せません。

今日は頭痛が治まったので出社しましたが(帰宅は午前様)、もし今日休んでいたらそのままドロップアウト(鬱への道)するところでした。危ない危ない。

負けません。診断士の試験もあきらめません。
当日、合格の神が僕に舞い降りてくる事を祈るばかりです。

ポジティブにいきたい。

連日の自分は大変なんだと綴っているblog。

落ちたときの言い訳ネタ、頑張っている感のアピール、実は嘘?と思われているかもしれません。

嘘偽りはないのですが、落ちたときの言い訳半分、もし受かった場合、来年受験される方の励ましになるかも?と思い書いています。

ただ、自分が今この瞬間にどんな事をやってきたのかを、残したいだけなんですけどね。。

今日もほぼ始発で今帰宅して、ご飯を食べたところ。(AM1:45) 

今日の学習は、通勤の電車で、企業系理論の答練、中小企業政策の完成レジュメを読んだだけ。

それ以外の時間は仕事してました。

今日は寝ます。明日も早いし、体が限界みたいです。手は痺れるし、視界が霞む。

1次まであと30日となりました。やばいという気持ちと疲れたって気持ちが交錯しています。。


抜けない

今日でトラブルもひと段落と思っていましたが、別のトラブルが発生。抜けないトンネルはないと言いましたが、全く光が差し込まないです。

そして、皆、疲弊していく。。。 

今日は少しでも勉強時間を確保したかったので、終電で帰りました。タクシーだと思うように勉強できないのですが、電車であれば、少なくとも40分は明るい環境で勉強できますからね。

明日も一番に出社するように上司に頼まれたので、少しでも睡眠時間を確保したいところですが、それ以上に診断士の勉強をしたい。

まだ、心折れていませんから。 

僕には仕事放棄は出来ない・・・

ここ一ヶ月、仕事・・トラブル続きです。。。

先週の金曜日は24H働き、昼前に帰宅し、2Hほど仮眠を取り、午後TACへ。

5Hの講義、断片的に落ちましたが、不思議と普通に受講する事が出来ました。

日曜日は午前中に起床しましたが、鉛のように体重く1日寝ていたかったのですが、先週はほとんど勉強が出来なかったので、危機感から無理やりTACの自習室へ。
頭がぐらんぐらんして、あまり効率があがらず。

仕事のトラブルで客や被害をこうむっている別のチームからの苦情をうけたり、診断士の勉強をしないとやばいという焦りがあったりなど、通常の精神状態ではない事は確か。正直余裕がありません。

通常の人なら、ここで鬱発症なのでしょうか!?

ここで問いたい。

大事なのは、診断士の勉強か それとも仕事か。

正直、診断士の勉強を取りたい。が、もし今のトラブルから逃げ去り、診断士の勉強に専念して合格を勝ち取っても、本当に世の中に貢献できる人材になれるのだろうか!?

目先の事も解決できずに夢だけ語っても、所詮は机上の空論。 

だから僕は、今起こっている問題を解決する事に全力を尽くします。


いっその事、診断士の勉強を諦めた宣言をしたい気もします。

でも、この1年いろいろな事を犠牲にしてきました。
その事を考えると安易に諦め宣言はしたくありません。

今平日勉強できるのは、朝の電車の中だけ。

でもいいんです。今できる最大限の努力をして落ちるなら本望。

弱音を吐いていると思われればそれまです。僕より忙しい人もいるでしょう。(週80Hの勤務時間を越える人がいるなら教えてほしいくらいですが、、) でも、僕は社会人なので、今やるべき事を全うします。

出来るなら受かりたい。。。 早く収まってほしい、このトラブル。
そして明日は始発で会社。


がんばるぞ!! 抜けないトンネルはない!!

 

プロフィール

マルカ

Author:マルカ

カウントダウン

2013目標

■人:
・夫婦二人健康でいること(妻が入院しない)
・体重を60kg台にする((2012/12/30時点64kg)

マルカ

本棚

カテゴリー

タグ

最近のコメント

リンク

counter

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ本


読み応えのある本ですよ。
ビジネス誌は、やっぱり日経ビジネスかな。

プレジデントも豊富な情報が満載

TOEIC対策にもいい!!

お気に入りブロク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。