08
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
24
25
26
27
28
29
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を語る

この記事はブロとものみ閲覧できます

人を育てる

以前のblogで、社内のグロバールサーベイで人材育成部門で優秀社員としてノミネートされたと書きましたが、僕を推薦してくれた方のコメントがフィードバックされました。

内容は以下のようなものでした。

・管理能力に長けている。
・非常に負荷の高いリーダ業務をこなしつつ、メンバーのフォローも忘れないリーダシップの高さがすごいです。
・FirstJobのチームリーダとして、タスクやスケジュールの管理、成果物の作成の仕方や考え方、等、多くのことを学ばせていただき、かつ、多くの経験をさせていただきました。
※blogに掲載するのも、自慢みたいで気が引けますが、自分のモチベーション継続のためにご了承ください。

この1年は、チームをつくりあげる、部下の能力を引き上げる事に注力してきたので、周りがそう感じてくれたのだと、このフィードバック内容を読み、純粋に嬉しかった。

今の課題としては、チームメンバーを一部オフショア化した事により、チームの総合力がものすごく落ちてしまったのでその建て直し。 また、協力会社の2年目の社員がものすごくITのリテラシーが低く、仕事がまともに出来ない状況となっている。この社員の底上げが僕の直近の課題だったりします。

正直言って、会社が違うので、出来ない社員の面倒まで手取り足取り見る必要はないのですが、将来自分が会社を興した場合、必ずしも優秀な社員で構成されるとは限らない(普通はありえない)ので、彼をどうすれば使える社員に育て上げる事が出来るかを毎日試行錯誤している今は、いい経験が出来ていると思っています。もし彼を短期間で育てあげる事が出来れば、その経験は人材育成のノウハウとして蓄積していきたいと思います。





ベースアップなし

今の会社の会計年度は9月に替わるため、新しい給与は9月からとなります。

そのため、9月の給与日までには、新しい給与が提示されるのですが、本日、グローバルから届いたメールを確認したところ、来年度はベースアップなしと大きく書かれていた。

正直、給料欲しさに仕事をしているのではないが、今年一年は何だったのだろうと思ってしまった。

僕の場合、特別手当(プロジェクトに大きく貢献したものに出される1年分の特別手当)がなくなるので、来年の所得は今年より下がる事になります。 なんだかな。。

僕はお金で仕事をしているわけではないので、せめて自己実現のために、自分のチャレンジしたい仕事が出来るように自ら役員クラスに直訴するつもりです。

悔いのない、会社員生活をおくりたいですからね。



失笑

今日はすごく上司のやっつけ仕事に嫌気が差した。

僕たちの会社は、ユーザの業務システムの運用保守をアウトソーシングという立場で某グループ会社のシステム会社の代わりにユーザとの折衝や要件のヒアリング、日々の運用保守をやっています。

数ある保守チームを統括する立場にあるのが、保守統括と言われる方々なのですが、月に一回クライアントと保守工数削減のために、いろいろと施策を考えています。 

今日、各チームのリーダが召集され、工数削減の施策として、レビュー時に行っているエビデンス(紙)の打ち出しを中止する。それに伴い、紙打ち出し工数が削減できるので、作業工数の見積もりを出す際には、削減した工数が分かるようにと指示があった。

本当に、紙の打ち出しを中止する事で作業工数が削減できると思っているのだろうか? エビデンスとなる紙を打ち出さないという事は、ユーザとのレビューを実施しないと同じ事でもあり、微々たる工数削減のために、品質を落とす事になるのは、分かっているだろうか。。。

あまりにも、あほらしくて反論する気にもならなかったが、本当に外資系のコンサル会社のマネージャーが考え抜いた対応なのかと、すごく、やる気がなくなったのと、恥ずかしさを感じた。

また、クライアントは単価が高い我々から少しでも作業工数を削減したいらしいのだが、だったら、同じフロアーにいる他のSI会社を使えば、今よりも単価は2/3に抑えられるらしいので来年は契約を更新しない方が懸命だと思う。 

本当に目先のことしか考えないクライアントと思考が低下してきた上司にすごく嫌気が差した日でした。


とうとう始まりました

この記事はブロとものみ閲覧できます

ファシリーテーション基礎講座 

先日、日本ファシリテーション協会の基礎講座を受講してきました。

その時のblogで、有意義な時間を過ごす事が出来たと書きましたが、肝心のアウトプットを書くことを忘れていました。 

この講座の構成ですが、大きく以下の4つのスキルを講義が2割:ワークショップが8割の割合で、学びます。

・場のデザインのスキル
・対人関係のスキル
・構造化のスキル
・合意形成のスキル

ワークショップを行うメンバーは、受付を済まして各自好きなテーブルに座るのですが、そのテーブルに同席になった方々と一日濃いお付き合いをする事になります。
ワークショップで行うテーマ毎のファシリテーターは同じグループのメンバーが持ち回りで行うので、必ず、ファシリテーターを経験できます。(これが、この講座のいいところだと思います)

各スキルについての詳細は、実際にこの講座に出席して体験してほしいので割愛しますが、
僕が得た(気づき)について、述べたいと思います。

場のデザインのスキル

場をデザインするには、5つの要素がある事を学びました。
1.目的
2.目標
3.やり方とスケジュール・時間配分
4.メンバーと役割分担
5.ルール・方針
会議を主催する差異には、アジェンダを事前に配布して、目的や時間場所を伝えていましたが、
目標(ゴール)を明確にしていなかったように思います。(目標を定義する事もありましたが、必ずしていなかった。) 
また、5のルール、方針については、あまり意識していなかったと感じました。
今後は2の目標(この会議では何を決めるのか)、5のルール(例えば、出た意見は絶対否定しないなど。。)を意識して行おうと思いました。
また、アイスブレイクも初めての人が集まった場であれば、緊張をほぐすには、有効的だと改めて感じました。デールカーネギーの講座を受けた際にも、いろいろとやりましたね。。

対人関係のスキル
人は、聴くてもらうことを望んでいる。だから、安心して議論できる場を作る事が重要である事を学びました。そのなかでも、傾聴するコツを学んだ事です。(例えば、語尾を繰り返す、キーワードを返す、自分の言葉でいいかえるなど、、、) オープンクエスチョンやクローズクエスチョンの使い分け(これは、日ごろから使っています。)など。また、グループから意見を引き出す方法も勉強になりました。

構造化のスキル
このセッションでは、他の人が議論している内容をホワイトボードに記述しながら、論点を整理する
ことを行いました。 ホワイトボードに書いて論点を整理する事をファシリテーショングラフィック(ファシグラ)といいます。 僕はこの講座に来て一番の収穫は、ファシグラが不得意である事を分かっていたのですが、身をもって経験した事です。

本当に難しかった。 最初にどのように整理していくかを議論の前におこなっていかないと、上手くまとまらないのです。 いままでは、字が汚い、漢字が書けないなどで、ホワイトボードに率先して立ち、文字を書く事を避けていましたが、この講義の後、積極的にファシグラをやるようになりました。 これは、習うより慣れるしかないと思います。


合意形成のスキル
構造化のスキルでは、発散を学び、合意形成のスキルでは、発散して収束して、そしてアクションプランンに落とし込む事を学びました。

最後に
この講座に参加して、感じたのが、グロービス経験者が多かった事。。
クリシンを受けた人が同じテーブル6人中3人でした。なので、ワークショップを1つのテーマを議論していた際にも、イシューを外さない、適度はフレームワークで議論ができたので、すごくやり易かった。 皆、自己向上意識が高い人が来ているようです。

また、講座の後は、泡の会と言う名の飲み会が希望者のみであります。最初は不参加の予定でしたが、一日同じ事を考え、時間を共有していると仲良くもなり、もっと仲良くなりたいし、他の方とも交流を深めたいと思い参加しました。全体の参加者は全体の3割程度でしたが、都合が付けば参加する事をお勧めしたいかな。(ちなみに、僕たちのチームは6人中5名参加でした。)

今回、一回限りの講座でしたが、同じテーブルになった人達、そして、飲み会で同席した人達と今月飲み会をする事を企画しました。 皆さん、向上心が高い人ばかりなので、今後もお互い刺激しながら付き合って行きたいです。

今回の講座参加は、手段を得たに過ぎないと思っています。 これをいかに実践して、自分のものにしていくかが、重要であり、大切な事だと思っています。

このblogを読んで参考になった方は、まずは、基礎講座の参加をお勧めします。

プロフィール

マルカ

Author:マルカ

カウントダウン

2013目標

■人:
・夫婦二人健康でいること(妻が入院しない)
・体重を60kg台にする((2012/12/30時点64kg)

マルカ

本棚

カテゴリー

タグ

最近のコメント

リンク

counter

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ本


読み応えのある本ですよ。
ビジネス誌は、やっぱり日経ビジネスかな。

プレジデントも豊富な情報が満載

TOEIC対策にもいい!!

お気に入りブロク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。