07
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
22
23
25
26
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社を休んで・・・ 

今日は会社を体調不良で休みました。

休んで一度じっくり考えたい事があったので、いい機会でした。

考えたい事とは、今の組織で何が問題なのかを考える事。

MECEに分析できていないところもあるが、自分なりに現状の問題点を整理してみた。
自分なりのアクションプランも考えてみたので、明日、各チームのリーダをあつめて、議論してみたいと思う。 


■メンバーの問題点
 問題1:モチベーションが低い
     (やる気に満ち溢れている人が少ないように思う)
 
     要因1:日々の仕事で達成感を感じていない。
          ※特にグループ会社のメンバーは強く感じる。
 
 
    要因2:TL,SVがメンバーの目標を把握していない。
          TLはメンバーの目標を達成できる環境つくりをしていない

     要因3:残業したいが出来ない。残業してもチャージできない。

     要因4:組織の目指す姿、個人の目指す姿が明確でない?

     要因5:リソースプランが不明
         (組織によっては、短期/長期でプロジェクトにアサインされるのですが
          短期な人は早くリリースされて、違うプロジェクトで経験を積みたいと
          思っているのですが、代わりの人がなかなか育たず、リリースされない
          現状があります)

問題内容2:問題意識が低い
       必要最低限の事をやればOKとの風習がある。

要因1:あるべき論を語れる人がいない
   
     要因2:組織を構成しているメンバーが若い

     要因3:決められた時間で、予定された仕事を終わらす事が重要と
          なっている。

     要因4:改善提案など余計に工数が発生する作業を自分の持ち出し
          で行うほど皆、モチベーションは高くない。

■チームの問題

問題内容1:体制、役割が明確になっていない。

     要因1:今までTLがすべてを行う、メンバーはTLに任せるような
         仕事のスタンスになっていた。

問題内容2:エスカレーションが出来てない。
        (障害、問題が発生しても、個人まかせの対応になる事が多い。)

     要因1:体制、役割が明確になっていない。

     要因2:誰がSVかSVが何をするのか不明確。


問題内容3:障害発生時(夜間発生時)の当事者意識が低い
   
     要因1:障害発生MLに携帯アドレスが登録されていない人が多数のため、
          障害が発生しても気がつかない。

     要因2:会社は契約しているが、社員は時間外であるから、対応する義務
          がそもそもあるのか?

問題内容4:TL,SVが各メンバーの目標を把握できていない

     要因1:いつも評価だけ求められるが、目標に対しての評価は求められない。
          (いろいろな部署の寄せ集めでチームが作られているから?)

     要因2:そもそも各個人が四半期に一度作成すべき、目標設定シートを作
成していない。

問題内容5:長期アサインメンバーが中心になれていない

     要因1:長期アサインメンバーが中心なるという意識が低い。

     要因2:技術的に低いのも要因の1つか?


出来上がったばかりの組織はいろいろと問題があって難しいけど、これを作り上げれば自身にも繋がるかなと思っています。 やっぱり時分の進むべき方向はマネージメントかな。

結果はどうなることやら。
スポンサーサイト

自分の将来

明日からまた一週間が始まる。 憂鬱だ。

リーダって何なんだろうと思う。 マネージメントという面では勉強できているが、会社を辞めた時に市場が欲しがる人材なのかと不安になる時がある。

毎日のように何かしらのミーティングに出席して、進捗資料作成して、サービス残業して。。

今の会社は、基本、定年退職までして勤める人はあまりいない、何かしら転職したり、自分で事業起こしたりしている。 自分に他の所にいって、キラーとなるスキルが構築されているだろうか。。

不安だ。

BATIC(国際会計検定)で英語力アップ!!

今の世の中、PCが使えて当たり前。幸い僕はIT業界にいるのでPCを使用した仕事に関しては不自由を感いる事はないが、きっと、数年後、英語が出来なければ仕事にありつけない日がくると思う。

世界的にみても、先進国で英語があまり使用できないのは日本だけではないかと思います。
そんな日本人の一人である、自分。 現時点ではあまり焦りは感じていませんが、焦りを感じた時には手遅れな気がしています。

かといって、闇雲に英語を勉強しても続かず(今は継続して勉強できていますが)、さほど(全く)英語のスキルが上達しません。

いろいろ考えたのですが、興味のある分野に特化して勉強すれば局所的にはなりますが、上達するのでは!?と、

今後、英語以外に上達したいスキルとして、ファイナンスのリテラシを高めたいと思って、簿記の勉強をしています。 簿記も国際簿記(BATIC)というものがあり、BATICで簿記を勉強しながら英語のスキルもアップできないかと思っています。
興味のあることなら、あまり苦にならないし、会計系の英語の能力(特にリーディング)も上達すれば一石二鳥かなと。。。 ただ、TOEIC○○点以上ないと厳しいとの制約があれば、ちょっと敷居が高くなってしまうのですけどね。。
 
まずは、本屋で参考書をパラパラみながら、検討してみたいと思います。

負けられん・・

当社には、英語部という特に活動はしていないのですが、英語の進捗状況をメールし合うバーチャルな部があります。

僕は参加した記憶がないのですが、なぜかあて先のメンバーに。

ここ数ヶ月、音沙汰なかったのですが、昨日一通のメールがきました。

内容は、英語部卒業。

英語部は、600点をクリアすれば卒業するルールとなっているのですが、その人は1年前までは僕と同じレベル300点後半でした。 
英語を比較的使用する部署に移動したのもあるのですが、1年後に600点を越すとは、、
その人には、あまり負けたくないのもあり、冷めかけていた、自分の英語熱を再び熱してくれました。

今僕の机の前には、自慢めいたメールを貼り付け、その瞬間の気持ちを忘れないようにしています。

そして、毎日少しずつですが、英語の勉強を再開しました。 いつも文法の得点が低いので、文法に特化した問題集を今のところ毎日実施しています。

一応、今年中にTOEICの点数500点ってのが目標にあるので、それを目指して再チャレンジしたいと思います。

マインドマップの有効性

1~2年前、マインドマップが流行り始めた頃、ザ・マインドマップという本を購入して、マインドマップでものを書くことを試みたが、いまいち有効性がわからず挫折した。
ザ・マインドマップ
神田 昌典
4478760993


最近、マインドマップを使用しているのを周りでみるようになってきた。
マインドマップを使いこなせれば、仕事・発想の効率化、向上化するのであれば、再チャレンジしてみようと思い、仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスンを購入した。
とにかく書くことで慣れようと思うが、やっぱり、どうもしっくりこない事がある。

たとえば、僕は物を考えるときに、ロジカルツリーで分解していくのだけど、マインドマップって思った事をかきつらねていく感じのように思える。
例をみても、確かにMECEではあるが、各項目に因果関係がないように思える。
うーん、マインドマップを書いていて、MECEでなくなった場合、通常どうしているのだろうか!?
消して書き直し!?って考えると、本当にこのツールは使えるのかと思ってしまいます。

当面、使ってみようと思いなす。いいと思える事があれば感想を書きたいと思います。

仕事に役立つマインドマップ―眠っている脳が目覚めるレッスン
神田 昌典 近田 美季子
4478001421

久し振りの失敗

今日は以前発生した障害の報告会でした。
その障害、僕がリーダになってから発覚したものなのですが、
発生要因を作った時(ある開発案件)は、僕は全く関わっていなかったので
詳細は知らなかった。。

報告会自体、形式的なもので、原因と対策を報告すればいいと軽く考えていた。
報告相手も2,3人かと思っていたら、7人くらいの人が出てきて、開発当初の
事を聞かれるは、何故発見できなかったのかをネチネチを聞かれるは、、
正直、上手く伝える事が出来ず、同席していた人にフォローをしてもらい何とか
切り抜ける事が出来た。

自分の言っている事が伝わっていない、なんか、論理的じゃないと話している
うちに自分でも分かり最悪でした。

この会議自体、参加した人があまりいなく、どのような形式で進められるのか
把握できなかったのもあるが、もう少し、話す内容を組み立てておくべきだったと
反省しています。 久し振りに自己嫌悪に陥りました。

ストレスの捌け口

先週は月曜日からタクシー帰りで、かなり疲労困憊気味な一週間でした。

土日は出勤していない(正確にはクライアント先で働いているので、簡単には休日出勤ができない。だから平日タクシー帰りが多かったりします)だけ、ましだと思う事にしています。

休日はゆっくり寝ていたいところなのですが、普段自分の時間がないので、出来るだけ早く起きて精力的に動くようにしています。

今週は2週間行っていなかったジムでたっぷりと汗と流してきました。
一週間に一回、ジムまたはプールに通うようになり2年ほど経過しましたが、体を動かすようになり、平日の仕事の継続力や集中力が増したように感じています。週末寝て過ごすと、逆に次の週は体がだるかったりします。

そして、 ちょっと限界まで自分の体に負荷をかけ、多量の汗をかく。これが僕にとってもストレス解消法だったりします。 

筋トレが仕事の効率アップに繋がると(おそらく書かれているだろう)かかれているのも分かる気がします。(僕は仕事はできませんが。。)

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書 や 5-1)
山本ケイイチ
4344980867

プロフィール

マルカ

Author:マルカ

カウントダウン

2013目標

■人:
・夫婦二人健康でいること(妻が入院しない)
・体重を60kg台にする((2012/12/30時点64kg)

マルカ

本棚

カテゴリー

タグ

最近のコメント

リンク

counter

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ本


読み応えのある本ですよ。
ビジネス誌は、やっぱり日経ビジネスかな。

プレジデントも豊富な情報が満載

TOEIC対策にもいい!!

お気に入りブロク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。