05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
15
16
17
20
21
22
23
27
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会い

週末、デールカーネギー繋がり?で知り合いになった、a Googler's talkのka210さんと初めてお会いし、食事をしました。

初めてとは思えないほど話しやすい方でした。仕事に関連しない人と出会えるのは、ネット文化の醍醐味だったりするのでしょうね。

趣味、家族、アメリカの食事事情、企業文化の違いの話などなど、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

お土産まで頂き、、本当に有難うございました。 


スポンサーサイト

挨拶は大切でしょう

僕のチーム、クライアントを含め、誰も朝挨拶しません。

デールカーネギーのコースで、挨拶で職場の雰囲気が変わる、それを実践しようと、1年前に習ったのを思い出し、最近(もともと)、意識して朝は挨拶するようにしています。

まだ、雰囲気は変わらないですが、挨拶はきもちいいし、これは続けて行きたいと思います。

みんなが自発的に挨拶してくれるようになればうれしいのですが・・・

基本、このプロジェクト誰一人としてモチベーション高い人いないんだよな。。。

効果あり

先週、リーダとしてやるべき事が整理できておらず、かなり一杯一杯でした。

週末、以前読んだ、「最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術」で紹介されていたチェックリストを、自分なりにアレンジして作成しました。(今週出席すべきMTG,つくるべき資料、などなど)

今日から運用し始めました。いつもは手書きでチェックリストを作成していたのですが、書く手間が省かれ、午前、午後を色分けする事で午前/午後にやるべきタスクがわかり結構効率的でした。

タスクが終わったら、チェックを入れるのも結構、気持ちよかったりして。。

その甲斐あってか、今日は先週の月曜日よりも30分早く帰宅する事ができました。

今週一週間運用し、効果を測定してみたいと思います。(当然、先週とやることは異なるのですけどね。。)

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術
泉 正人

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術
人を出し抜く超・仕事術―「レバレッジ思考」を20代でマスターせよ! (凄ビジ・シリーズ 7) 儲かる会社にすぐ変わる! 社長の時間の使い方 情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ
by G-Tools

TOEIC試験

今日、半年振りにTOEICの試験を受けてきました。

思い起こせば、今年の目標でTOEIC500点を越す目標を掲げ、3月くらいまでは毎日のように勉強していましたが、今月は全く勉強しておらず、点数が上がる要素がないまま当日を迎えました。

結果は、リスリングは、勉強せずとも毎日は英語は聞くようにしているので、今まではできたと思いますが、リーディングは全くだめでした。特に、最後の長文の問題が全くだめでした。。

実際、英語ができなくても困りはしないのですが、自分のキャパは広がらない。

なんとかしたいと思っても、危機感がないから、どうも真剣になれない。(簿記みたいに勉強していて、楽しくなってくればいいのですが、、、) うーん。困ったな。。 

1週間を終え

リーダが僕になり一週間を無事?終えました。

体調崩した事もあり、正直しんどかったです。。

前職でも開発のリーダはやってきていますが、運用でのリーダは開発より大変であると思いました。

開発では期限までに品質のあるものをクライアントに提供すれば、コストが少々オーバーしてもOKなのが、大半だと思いますが、運用(特に僕のいる会社では)では、開発、障害、問合せ、その他と案件があり、契約したコストで、期限内に完了するために、いろいろなところ(エンドユーザ、クライアント、他チーム)と調整が必要となり、段どりが命だったりします。特にコスト面では、かなりシビアです。

週の大半はMTG(月~木まで毎日)参加と資料作成で時間が追われるのに、その他調整、自分の担当案件の対応と、毎日5Hはサービス残業。(本当はサービス残業はNGで、オーバータイムは契約外のタスクの仕事をしているのだから、クライアントの請求すべきなのですが、、、それはそれで問題で。。)

チームは前リーダーが病んでいるのか、性格なのか、チームメンバーのモチベーションを下げる言動が目立ち、、もう結構、大変でした。

ひとつずつ問題を解決しようと思い、まずチームメンバーが不満に思っているひとつに、全体のスケジュール感がわからない。前リーダー体制の時は、いつもいきあたりばったりで、誰が何をやっているのか、いつだれが何をやるのかがわからない状況でした。
今週の僕のアクションとして、6月の案件を整理し、皆にわかるようにパワポに落とし込み、今後予定している案件として皆と共有しました。 少し、皆の不安が和らいだようです。

金曜日のおわりがけに、4月からアサインされた新しいメンバー(僕と同じクラス)から、言われた事があります。
「僕、SQL全く書けないのですが、、今までやってきたスキルと全く違うのですが、、どすればいいでしょうか。。」
僕の会社はコンサルティング会社と言っても、SIがメインの会社です、彼の強みはコミュニケーション力だと言っていましたが、技術力がある程度なければ、かなり辛いと思います。
彼が最初にこのチームにアサインされて、僕がまだチームリーダーでない時、
「僕がチームリーダーやりますよ。」と強気でしたが、最近では、かなり弱気だったりしています。

正直、僕もこの会社に入った時は、かなり、やりたい事とやれる事のギャップに悩みました。

だれも助けてくれません。これをのりきるか、会社を辞めるかは彼次第だと思っています。

ただ、チームを回すためには、今の技術レベル以上伸びないのでれば、何かしら考える必要があります。。その決断を見極める日も近いかも。

この週末は、体調不良を直すのと、来週に向けて自分が少しでも早く帰れるための、対策を考えたいと思います。

そのためには、何かしらの仕組みかを考えたいと思います。



チームリーダー初日

今日はリーダ初日でした。

朝、MTG資料の作成、午後、ユーザMTG、レビューとほぼ一日がMTG関連で終了。

MTGから戻ってきたあとは、いろいろと雑用を行い、気が付いたら22時。

でも、このチームをどうしようとか、皆がモチベーション上がるためにはどうすればいいかとか、考えてるのは、全く苦じゃない。残業代が全くつかなくとも、精神的には苦にならない。(家計的には欲しいところだけど)

マネージメントが上手く回るようになれば、やっぱり更なるステップアップを目指し転職はしようと思う。

5/19weekの目標&成果

5/19weekは、リーダ初日週。

【目標:仕事】
・初のユーザミーティングで、自分の課題(話し方、質問の内容)を意識し、改善策を考える
・チームの問題点を明確にする
・チームのモチベーションアップの手段を考える
・仕組み化を考える

【目標:プライベート】
5/25はTOEICテスト、最近さぼっている英語を毎日勉強する。
6/8は簿記3級のテスト、簿記は毎日勉強しているが、少しペースをあげる

-----------------------------
【結果:仕事】
・初のユーザミーティングで、自分の課題(話し方、質問の内容)を意識し、改善策を考える
→ゆっくりはなす。
・チームの問題点を明確にする
→深堀できていません。(メンバーのモチベーション、チームの業務理解スキルが低い)
・チームのモチベーションアップの手段を考える
→ひとつアクションをおこしました。blog参照
・仕組み化を考える
→自分の仕事のTODOリストは作成しました。

【結果:プライベート】
5/25はTOEICテスト、最近さぼっている英語を毎日勉強する。
→前日しか勉強しませんでした。。

6/8は簿記3級のテスト、簿記は毎日勉強しているが、少しペースをあげる
→毎日30分ほど勉強しましたが、ペースはあげる事はできませんでした。

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術 泉 正人

弟とご飯を食べた時に、今面白くて読んでいる本として紹介されたもの。
この本では、仕事を仕組み化して、人に依存しない仕事の体系を作る事について、
その必要性、やり方などが書かれた本でした。
仕組み化して空いた時間は、考える仕事(仕組み化できない仕事)に時間を費やしあたらしいビジネスを考える。
人に依存しないような仕組を作ることは、全くその通りだと思う。
今の職場でも、長時間仕事した人が偉くて(でも疲弊している)、人がころころ入れ替わるため、
入れ替わった人が戦力なるためには時間が要してしまう。
仕事を仕組み化するには、チェックリストを作成し、誰でもできるようにする。
簡単なようだが、面倒だからやっていない事。

明日から何が仕組み化できるか考え、実行に移していきたいと思います。

仕組で考える人の7つの習慣

・楽することにこだわる
・シンプルに考える
・記憶せずに、記録する
・わからない事は聞く
・自分の時間を時給で判断する
・うまくいっている人の真似をする
・自分を「型」にはめる

本の最後に書かれていた文章です。 好きです。この言葉。
「才能とは、努力を継続する力である」


最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術
泉 正人

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術
人を出し抜く超・仕事術―「レバレッジ思考」を20代でマスターせよ! (凄ビジ・シリーズ 7) 儲かる会社にすぐ変わる! 社長の時間の使い方 情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド ひとりでも部下のいる人のための世界一シンプルなマネジメント術 3分間コーチ
by G-Tools

前途多難なチーム

マネージャーから、クライアント、プロジェクト全体にリーダ変更の周知が水曜日にありました。

正確には月曜日からリーダ交代なのですが、既に木曜日から現リーダは職務放棄。

今までのチームを自分なりに考察すると、チームリーダは業務の理解度、技術的にも出来る人でした。

が、クライアントとの契約工数、スケジュールを先行するあまり、メンバーに任せることはせず、すべて自分でやるタイプの人間で、いつも帰宅時間も遅いし、愚痴ばかり言っていました。
当然、チームの一体感は全くなく、ばらばらな感じのチームでした。

表向きはチームリーダの変更は、僕のプロモーションを考えての事だと言っていましたが、今のチームリーダがギブアップしたのだと思います。きっと、誰がみてもそうでしょう。

月曜日から新チームリーダとしてスタートするわけですが、まずはメンバーのモチベーションをアップさせる事からはじめたいと考えています。

大きな目標として、以下を考えています。

・チームメンバーのモチベーションを上げる仕組を考える。
・日々の業務を仕組み化して、新しく参画したメンバーの立ち上がりを短縮させる

前者は後者を実行する事で、実現させたいと思います。


リーダになります

昨日、シニアマネージャから現チームのリーダになってほしいとの打診を受けました。

近々、僕をプロモーション対象に推薦しようと思うのだが、新たな目標としてチームリーダをやってほしいとのこと。

僕がこのプロジェクトに配属されてもうすぐ1年になりますが、既に3人リーダが変わっています。
※現リーダも、チームリーダを降りたがっています。。

プロジェクトは5つチームがあり、僕のいるチームは規模、難易度、問題発生度が他のチームよりずば抜けています。

その場では、強気に、いつでもいいですよ と言ってしまいましたが、正直、務まるか不安です。 
現在サブリーダなのですが、サブリーダが楽でいいと思う反面、苦労しないとその先はないと思ったり。

チームリーダになっても、僕の目指す経営の道には近づきませんが、今、チームリーダの素質が、いろいろな雑誌で取り上げられ、注目されているので、コミュニケーション能力の向上もかねて頑張ろうと思います。

転職活動は粛々と続けるつもりですが、まずは2ヶ月(問題なくチームをまわす事ができれば、6月末でプロモーション)、がんばろうと思います。

家族

どんだけ落ち込んでいても、家族(妻)の励ましに乗り越えられた事が多々あります。

やっぱり、家族って大切ですね。

プロフィール

マルカ

Author:マルカ

カウントダウン

2013目標

■人:
・夫婦二人健康でいること(妻が入院しない)
・体重を60kg台にする((2012/12/30時点64kg)

マルカ

本棚

カテゴリー

タグ

最近のコメント

リンク

counter

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ本


読み応えのある本ですよ。
ビジネス誌は、やっぱり日経ビジネスかな。

プレジデントも豊富な情報が満載

TOEIC対策にもいい!!

お気に入りブロク

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。